デザインによってサイトの使い勝手が変わります

Webサイトを開発する上で、ロジックと共に重要なものがデザインです。

Webサイトのデザインによっては、サイトの使い勝手が変わってきますので、Webサイトのレイアウトをサイトの機能やテーマに合わせて変更していく事が大切です。

レスポンシブデザインは、Webサイトのレイアウトの一つであり、マルチデバイス対応のサイトを作りたい時に重宝する手法となっています。マルチデバイスに対応しておく事で、幅広くユーザーを取り込む事が出来ますので、オンラインショップなどでは有効なレイアウトと言えます。マルチデバイス対応の可変レイアウトは、CSSを使って実現しており、パソコン向けのHTMLソースコードをベースにPC向けのデザインやスマートフォン向けのデザインなどデバイスのディスプレイサイズに応じて自動的に変更していく事が出来ます。

ディスプレイサイズは、デバイスによって異なっており、画面サイズによって見やすさも変わってきます。不用意に縮小されてしまいますと、コンテンツの内容が見難く、それを拡大表示するといった手間が発生します。その手間を省く為には、可変レイアウトで自動的にデザインを変えていくようにしていくのが有効です。