Windowsマシンを選ぶメリットとは?

パソコンを選ぶ時に基本ソフトウェアの種類としてWindowsにするかMacにするかで悩んだことは無いですか?

それぞれ長い歴史があり、過去からの改良を積み重ねた結果として今日の製品となっているため、どちらを選んでも品質としては安定していて問題なく動きます。

では選ぶ時にどのような観点で選んだらよいのでしょうか。

ここではWindowsを選ぶメリットに注目して比較したいと思います。
まず、世の中全体のシェアで見ると圧倒的にWindowsが多く仕事で使っている人も大変多いです。そのため操作に慣れている人も多く、対応しているソフトウェアも非常に多いです。また、分からないことがあれば詳しく解説してある書籍が数えきれないほど売られていますしインターネットにも多数の情報が記載されています。

よって初心者にとってWindowsはMacより入りやすいと言えるでしょう。
次に、製品ラインナップですが、Windowsは多数のメーカーが作っているため種類が豊富です。

デザイン面だけでなく性能面や価格面でもそれぞれ差別化が図られているため自分の都合にあった製品を見つけやすいという特徴があります。(MacはAppleだけが作っており種類もWindowsに比べると少ないです。)

これだけ聞くと、Windowsの方が優れているように思うかもしれませんがデメリットも当然あります。

例えば、セキュリティ面ではMacに比べてWindowsを対象としたウイルスの方が圧倒的に多いです。これは世の中のシェアと関係しており、ウイルスを広めたい人からするとシェアの大きい方を選ぶのは当然のことですので今後もこの傾向は当分変わらないでしょう。その他の点としてはデザイン面でMacはRetinaディスプレイという高画質なディスプレイを搭載しているモデルが多いため綺麗で洗練されていると考える人が多いです。

上記のようにWindowsとMacにはそれぞれメリットとデメリットがあるので、自分の目的や都合にあった方を選ぶと良いでしょう。なお、WindowsとMac以外の基本ソフトウェアとしてはLinuxやUNiXなどがありますが一般的には使われていないので選択肢として考慮しなくて良いでしょう。